2014 おもいで銀行受賞者・作 発表

第7回おもいで大賞 「私の若狭路での思い出」

ペンネーム フナッシー好き 様  千葉県


 私がはじめて若狭に訪れたのは・・・3年前の暑い夏。舞鶴若狭自動車道舗装工事入札に向けた調査のためでした。名古屋から車で琵琶湖の横を通り、山あいから三方五湖が、その先に日本海が見えた時の その景色は、まさに風光明媚でした。(ご存知とは思いますが・・・)三方五湖の一つ水月湖(すいげつこ)には、世界基準となる年縞(湖底の堆積物で約7万年前まで正確に年代を測定可能)があり、NHK特集などニュースにもなっています。
 今年の夏、無事に開通しました舞鶴若狭自動車道は、小浜~敦賀間を結び、京都から若狭路へのアクセスが便利になりました。有名な三方五湖を見ながら一休みできる三方五湖PAもあります。日本海に沈む美しい夕日のなか、到着した小浜は以前より活気があるように思いました。夕飯はお魚料理をいただきました。「おいしい!」若狭のお魚、お米、お料理はどれも美味しい!キレイな海とおいしい料理で元気になります。明日も仕事ガンバリます!

 

特別賞 

ペンネーム P mama 様  愛知県 


 若狭には子供だったころ海水浴に来た思い出があります。そんな思い出から数年たち、多くの場所を旅した思い出のなか 久しぶりに若狭をおとずれます。
 私達夫婦も年をかさね人生のゆとりの時間におとずれた旅、にぎやかな観光地とはちがい、ゆっくり、おいしいものを(かに目的です)いただき、幸せな時間をすごしています。
 観光もあらためて見ると、こんなにいろいろあったんだと気付かされました。海のにぎやかな夏の若狭も良いですが、寒い冬の静かな若狭も味わいがあって良いと思いました。年をとって味わいがわかってきた気がします。次回は小さな孫たちとたのしい旅を計画したいと思っています。大人から子供まで十分たのしめる若狭の旅、今度はどこにいきましょうか?!

 

特別賞

秋山周司 様  愛知県


 一昨年まで五年間小浜におりました。お寺や三丁町の味わい深い風情に夜散歩ををしていると、京風の名残がぜいたくな空間にひたることができます。また、
 若狭の海はカキ、グジ、カニ等々、私の好物が食卓にのぼる町でした。
 夜の町はこの港町のどうしてこんなに飲食店があるの?と思うくらい遊び?にはことかかない街でした。今は月1回が限度ですが、愛知から小浜に仕事でうかがいますが、やはり小浜の一番の良い所は「ひとの温かさ」では無いでしょうか。いつ行っても小浜弁の心地良さに心がほっこりいたします。せくみ屋さん、若杉末広亭さんの丁ねいな応対、地元の良さを知りつくした気づかいを毎回感じさせてくれるこの町が大好きです。出身地の北海道西部と日本海でつながる小浜と 高速道路で関西、北陸とつながり交流の場が増える現状を喜び、また、お会いできる日を楽しみに幸せを感じながらすごしていきます。

 

特別賞

ペンネーム ゆゆか 様  滋賀県


 私は今回の福井県の旅行をずっと楽しみにしていました。理由は家族だけじゃなく、おじいちゃんも、いとこのお母さんのはぎちゃんも一緒だったからです。来る時は、まずおじいちゃんを八幡にむかえに行って、その次に富山からくるはぎちゃんを、つるが駅にむかえに行って来ました。つるが駅で「はぎ号」というバスに出会ったのは本当にびっくりでした。2時からは船にのりました。のる前から ずっとうきうきしてました。
 私は外にでていました。すごく、いい風だし、景色もいいし、今日泊まる「やまね」の建物も見えました。少し寒かったけど、中よりもすごく楽しかったです。途中で色んな種類の岩があって、それをパンフレットを見ながら探すのが、なんか楽しかったです。あともう一つ楽しかったことは、いっぱいゆれることです。波が結構暴れていたから、船がいっぱい傾いて、少しこわかったです。スピードも速いし、外にいるからスリルマンテンでした。船にのったことが一番の思い出になりました。帰ったら友達にも話したいなと思ったし、また若狭路に来たいなと思いました!